大人でも気になる!お中元とお歳暮の基本マナー

あなたのお中元とお歳暮を社会人らしくこなすための総合情報サイト

お中元とお歳暮の習慣

社会人として人と関わっているときに時期を間違えずにきちんとやりたいのがお中元とお歳暮です。冠婚葬祭と同じようにこうした、古い習慣のものは,きちんとマナーを理解してすることが大切です。相手に感謝の気持ちを伝えるためにと思ってしたことが、大変失礼をしてしまうということもあり得ます。

お中元の歴史は明治の新暦導入以前からありますから、当然旧暦で決められた時期になされます。一年の半分に当たる7月15日にお中元をお贈りします。この時期も地方によってずれがあります。関東では7月初旬から7月15日までに贈ります。関西では7月下旬から8月15日までということになっています。これは仏教の盂蘭盆会の時に先祖の霊にお供え物をするための品を贈りあうという風習から来ているためです。関西ではお盆が8月に行われるからですね。

このお中元やお歳暮の時期は遅れてしまってもそう重大ではありません。お中元の時期を逃してしまったら、「暑中お見舞い」あるいは「残暑お見舞い」として贈ることもできます。お歳暮の場合には新年の支度をするための品をお贈りするという意味もありましたから、12月初旬から年末までにお贈りします。このお歳暮の場合にも時期が間に合わなかった場合には、年を越してから、「お年賀」あるいは「寒中お見舞い」としてお贈りすることができます。

儀礼として注意することばかりではなく、こうした贈り物については、相手の職業も考慮する必要があります。

TOPへ戻る