あなたのお中元とお歳暮を社会人らしくこなすための総合情報サイト

>

豊富な情報に振り回されないコツ

潤滑油としてのお中元とお歳暮

お中元もお歳暮も適宜に使えば社会の潤滑油として大きな役割を果たします。先生やお師匠あるいは親せきや友人にもお中元やお歳暮を贈ることが繋がりを深めるのに役に立ちます。

お中元やお歳暮は毎年繰り返されるのが原則ですから、気を付けないと相手方に負担を感じさせることになってしまいます。プライベートなコンテクストの場合には、親戚や先輩などの長老に意見を聞くとよいですね。

会社の場合には、会社の規定もあることですから、上司に相談します。会社としてではなく個人としてお贈りしたい時にも、上司には話をしておくのが、上司の顔を立てるという意味でも必要です。取引先と社員の癒着防止のためにそう言った贈答を全面禁止しているところも多くなりました。

お中元とお歳暮豆知識

日本以外の仏教国ではお中元は旧暦の7月15日です。

日本の場合には明治に改暦がされて西洋の暦が採用されました。そのために地方によって、お中元が7月15日であったり8月15日であったりします。東日本では主に7月15日、西日本では主に8月15日というところが多いですね。現在では全国的に統一されてきて、7月15日がお中元の季節となっています。8月15日は、月遅れのお中元ともいわれるようになりました。

この日付に贈るということではなくてこの日付までに贈ればよいということです。昔は直接持参するのがあたり前になっていましたからぴったりこの日に持参するということができたのですね。現在はデパートなどから送ることが多いので、少々に日付のずれは問題にはなりません。


TOPへ戻る